布ナプキンで、生理もハッピーに乗り越える★

【節約主婦向け】楽天ペイのメリット・デメリット。かしこい使い方を解説!

こんにちは。

くまりす

このたび、楽天ペイを始めてみました!

以前から、「楽天ペイがお得らしい」ということは耳にしていたのですが

予算管理が難しそうだし、結局は節約にならないんじゃない?

という点が不安で、足踏みしていたんです。

 

でも使ってみたら、やっぱりポイント還元率の高さは魅力的!

そこで、楽天ペイのデメリットを踏まえて、節約主婦なりの楽天ペイ活用法を考えてみました。

 

この記事では

 

  • 【節約主婦向け】楽天ペイのメリット
  • 【節約主婦向け】楽天ペイのデメリット
  • 【節約主婦向け】楽天ペイのかしこい使い方

 

について解説します!

\ここから登録/

楽天ペイ 

 

【節約主婦向け】楽天ペイのメリット

ポイント還元率が高い!どの店でも5%還元!

キャッシュレスバナー 

楽天ペイの最大の魅力は、どの店で利用してもポイント還元率が5%というところ。

メルペイなどの他の電子マネーだったら、店側に還元率がゆだねられるので、0%~5%の間で還元率が変動するんです。

楽天ペイだと、どの店でも5%の還元率になるように楽天が補填してくれるので、「どの店でも5%の還元率」が実現しています。

くまりす

条件が分かりやすくていいよね!

 

楽天の期間限定ポイントも使える!

楽天ペイでは、楽天ポイントはもちろん、期間限定ポイントも使うことができます。

楽天ポイントの中には、一定期間を過ぎると消えてしまう「期間限定ポイント」というものがあるのですが、
知らない間に消滅していることもしばしば。

楽天ペイでは、そんな期間限定ポイントも使うことができるので、
「期間限定ポイントがあるけど、今は楽天市場で頼むものが特にない・・」と悩む必要もなくなる!

楽天市場をよく使う人なら、楽天ペイで効率的に期間限定ポイントを消費することができるようになります。

 

使える店舗、拡大中!

楽天ペイでは、使えるお店が拡大中です。

コンビニやドラッグストア、家電量販店なら、だいたいどこでも楽天ペイを利用できます。

飲食店も割と使えるところが多いですね。

これからもっと拡大していけば、さらに楽天ペイが便利になるはず!

くまりす

楽天ペイで全ての家計管理ができるようになるのが、理想だな~

 

【節約主婦向け】楽天ペイのデメリット

楽天銀行口座か楽天カードが必要

楽天ペイは現金でチャージができません。

チャージするには、楽天銀行口座か楽天カード、もしくはラクマ(フリマアプリ)の売り上げが必要です。

言い換えれば、そのどちらも持っていない人は楽天ペイをチャージで使うことができません。

※クレジット払いなら、楽天カード以外のクレジットカードも可能

楽天銀行の口座か楽天カードを作る必要があり、手軽に現金チャージできない点がデメリットとなります。

くまりす

私は楽天カードだけ持ってたのですが

これを機に楽天銀行の口座も作りました!

 

意外とスーパーで使えない!

節約主婦なら、一番よく使うお店は「近所のスーパー」ですよね。

使えるお店が拡大中の楽天ペイですが、スーパーでは使えないことが多いです。

くまりす

私が一番使うスーパーは、楽天ペイ使えませんでした(泣)

スーパーで使えないと、楽天ペイで家計管理することはできませんよね。

そこがちょっと、不便なポイントです。

一部、阪急や近鉄などの百貨店系のスーパーには普及しているみたいなので、近所にあるなら楽天ペイ対応かどうか確認しておきましょう。

 

 

【節約主婦向け】楽天ペイのかしこい使い方

楽天キャッシュから支払う設定にする

楽天ペイで使った金額を把握しておくために、支払いの設定を「楽天キャッシュ」にしておきましょう。

上の画像↑の丸印部分をタップすれば、支払い方法が変更できます。

お支払いが「楽天カード(クレジット払い)」になっていると、いくらでもペイ払いできてしまうので、使った金額が分かりにくくなってしまいます。
(チャージする手間が無くて便利だけど)

くまりす

使った金額が把握できないのは
節約主婦には絶対NGですよね!

「楽天キャッシュ」からの支払いにしておけば、
決めた金額をチャージして支払うことができるので、お金の管理がしやすくなります。

 

使える店を把握して、使う項目を決めておく

家計管理をしっかりしながら、楽天ペイの高い還元率の恩恵を受けたいなら

楽天ペイで使えるお店を把握したうえで、
どの項目の買い物を楽天ペイでするかを決めておきましょう。

 

例えば、ドラッグストアなら楽天ペイ対応のお店が多いので、
「日用品費(ドラッグストアでの買い物)は楽天ペイで払う!」というふうに決めておくんです。

楽天ペイで支払うのを「ドラッグストアのみ」に縛ることで、一か月にどれくらい日用品費を使っているかを把握できるようになります。

くまりす

我が家では日用品費を1ヶ月7,000円と決めてるので、楽天キャッシュに毎月7000円チャージしていこうと思っています!

日用品費7000円+コンビニ利用3000円、みたいに決めてもいいですね!

どの項目で楽天ペイを利用するかをあらかじめ決めておくことで、家計管理がしやすくなります。

楽天ペイも節約主婦の味方になってくれるはず!

 

大きな買い物をするときは、まず楽天ペイで支払うことを考える

金額が高い買い物をする時は、まず楽天ペイで支払うことを考えましょう。

当然ですが、金額が高い買い物ほど戻ってくるポイントも多くなります。

楽天ペイが使えさえすれば5%は絶対に還元されるので、大きな買い物ほど楽天ペイで決済するようにしましょう。

くまりす

私の友人で、数十万円する家の外構費を楽天ペイで払っているツワモノがいました(笑)

上手く活用すれば、かなりの家計の助けになってくれます。

 

まとめ:節約主婦なら楽天ペイを上手に活用して家計管理!

「スーパーで使えない」というのは、主婦にとっては致命的なデメリットでもありますが
それ以上にポイントの還元率の高さが魅力的な楽天ペイ。

上手く活用して、節約に活かしましょう!

 

\ここから登録/

楽天ペイ