会社勤めに自信がなくても時給1300円以上稼げる?

子供が不登校になる前に母親として持っておくべき本。「学校は行かなくてもいい」書評

母親になったら、みんな子供の将来を想像して、心配したり期待したりしますよね。

特に「子どもの不登校」については大抵のお母さんが考えたことがあると思います。

この子は大人しい性格だから、イジメにあって不登校になるかも・・・と不安になったり、逆に、この子は活発な性格だから大丈夫!と思っている人も多いでしょう。

しかし不登校のキッカケは多種多様なので、どんな環境で育った、どんな性格の子供でも不登校になる可能性はあります。

 

もし自分の子供が「学校に行きたくない」と訴えてきたら。

あなたは、子供にとって一番良い判断をしてあげられる自信がありますか?

 

その時のあなたの反応や対応によっては、あなたにまで心を開いてくれなくなるかもしれません。

子供が学校に通い始める前に、母親であるあなたが

  • 不登校になる子供の気持ち
  • 不登校の正しいやり方
  • 不登校でも大人になって活躍している人たちの事例

を知っておくことで、子供が不登校になっても焦らず、母親としてできることをしてあげられます。

子供の将来を守ってあげたいと願う母親である私たちが、今読んでおくべき本。

それが、不登校は不幸じゃない!を推奨する小幡和輝さんの著書「学校は行かなくてもいい」です。

この本は子供も読みやすいような文章と構成になっています。

そのため、母親である私たちが読むだけでなく、持ち続けることで将来もし子供が不登校になった時に渡してあげることもできるのです。

この本には不登校を経験してきた数名の体験談が載っており、

  • どのようなキッカケで不登校になったのか
  • どんな気持ちで幼少期を過ごしたのか
  • どうやって今社会で活躍できるようになったのか

などを具体的に知ることができます。

また、不登校になった時にどう過ごせば将来困らずに生きていけるか?という「正しい不登校のやり方」も知ることができます。

この本は、これから子供を育てていく私たちにとって、また不登校になってしまった子供にとっても心強いバイブルになるはず。

この記事では「この本を読んでわかること」を中心に、私が感じたことをまとめます。

 

不登校になる子供の気持ちがわかる

「学校に行きたくない」と言うことに罪悪感がある

不登校になる子供たちも学校は行かなければならない場所という認識があるため、「学校に行きたくない」と発言することに罪悪感を抱いています。

そのため「学校に行きたくない」と親に訴えることは、子供にとってとても勇気がいる行動。

もし子供が「学校に行きたくない」という言葉を発したら、慎重に受け止めて、その真意を確かめてあげる必要があります。

 

自分の気持ちや不登校の理由を言葉にするのは難しい

子供たちは、学校に行きたくない理由を聞かれてもハッキリ答えられないことが多いです。

それは、学校がイヤな理由を自分自身でも明確に理解していないから。

私たち大人でも、何がイヤかハッキリと分からないけど「なんかこの雰囲気嫌だな」と感じることってありますよね。

子供に学校に行きたくない理由を聞いたとき、もしこちらが納得できるような答えが返って来なくても焦らず、それは子供自身にもまだ分からないことなんだ、と理解しておきましょう。

 

登校時に起きる原因不明の不調は「学校がイヤ」のサイン

学校に行く時間になったら毎日のように現れる原因不明の不調があれば、それは「学校に行きたくない」サインかもしれません。

母親としてそれを知っておくだけでも、子供の心の状態に気づいてあげられやすくなります。

私自身、小学生の時に引っ越しで転校したとき、原因不明の頭痛で2週間ほど学校を休んだことがあります。

親は真剣に私を心配して脳神経外科に連れて行ってくれたりしましたが、今思えば、あれは学校に行きたくないサインだったんだ、と本を読んでいて気づきました。

子供が原因不明の不調を訴えてきたら、学校の先生に子供のことを聞いてみたり、こっそりと様子を伺いましょう。

 

不登校になった時に母親ができることがわかる

不登校を受け入れる

子供の将来を心配する母親にとって一番難しく、でも一番大切なのが、子供が不登校になったことを受け入れること。

本では、多くの不登校経験者が「親が不登校を許してくれたのが、すごくよかった」と語っています。

逆に、家でも親が自分の話を聞いてくれず「学校に行け」とうるさく言うことで、人を信用できなくなることもあるようです。

学校で居場所を失くした子供にとって、自宅が安心できる居場所であり続けることは、大きな心の支えになるのです。

この本では「不登校も生き方の一つ」という捉え方をしています。

母親であるあなたが、不登校を受け入れる姿勢をとることで、不登校になった子供が安心して自宅で過ごすことができるようになります。

 

学校以外の場所に連れ出す

子供が不登校になる理由にもよりますが、学校以外の場所に連れ出してあげることも、親のできることの一つです。

その理由は「学校以外に居場所を作ってあげる」ため。

学校以外の場所で友だちができたり、得意な分野で能力を発揮できる場所があれば、そこが新たな居場所になります。

居場所があれば、人は人生を楽しむことができます。

例えば、子供がやりたい習い事をさせてみたり、子供が興味ありそうなイベントを見に行ったり。

居場所がたくさんある子供は強いです。

どんなキッカケで何が見つかるかわからないので、とにかく色々な場所に連れ出してあげましょう。

 

さりげなくキッカケを与える

子供が興味を持てるもの、打ち込めるものを見つけるために、親としてできることはさりげなくキッカケを与え続けることです。

不登校になったら時間がたくさんあります。

つまり、好きなこと、やりたいことを見つけて、その能力を伸ばしてあげられるチャンスでもあります。

言い換えると、学校に行かない間の時間の使い方を間違えると、さらにふさぎ込んでしまう危険性もあるということ。

そこで親ができることは、「世の中にはこんな面白いことがあるよ」ということを教えてあげることなんです。

 

そこで「さりげなく」という部分も重要です。

不登校になっている子供は自信を失っていることも多く、とても繊細。

そこで親があれこれ自分を気づかっている、ということすら腹立たしくなることがあるのです。

特に思春期の子供の不登校に対しては、あくまで「さりげなく」を心がけます。

なんでもない感じで、「○○のイベントあるんだけど、行ってみない?」などと誘うなどしてみましょう。

 

他にはパソコンを買い与えてみたり、興味がありそうなジャンルの雑誌を部屋に置いてみるなど、新しい世界を知る機会を作ってあげましょう。

学校がうまくいかずにふさぎ込んでしまいがちな子供たちも、自分が輝ける場所を見つけられたら、それは大きな生きがいになります。

子供が生きがいを見つけるために、親はさりげなくキッカケを与え続けましょう。

 

 

不登校を不幸にしない「正しい不登校のやり方」がわかる

得意なことや好きなことを見つけて、とことんやる

不登校経験者で成功している人の多くは、学校に行かない時間をつかって得意なことや好きなことを突き詰めています。

何かにハマって、とことんやりまくることで、それを自分のスキルにしているのです。

好きなことや興味があることを「スキル」と呼べるくらいに極められたら、その能力が将来仕事に繋がったりします。

全ての科目を平均的にできるようになることを目指す学校とは違い、一つ特別なスキルを極められることは不登校特有の性質かもしれません。

テニスや体操などの運動を極めたり、天体に詳しくなる、楽器を練習する、など好きな分野を伸ばすために時間を使うのです。

ただの趣味でも、誰よりも詳しいと言えるくらいに突き詰めれば、それは社会でも立派な武器になります。

子供が没頭できる趣味や好きなことを見つけたら、とことん集中できる環境づくりに協力してあげましょう。

 

学校以外で成功体験をする

不登校で自信を無くしている子供でも、学校以外で成功体験をして、人から認められる経験をすれば、前向きな気持ちを持つことができるようになります。

  • 多少の困難にぶつかっても前に進んでいく力
  • 「やってみよう!」という挑戦の気持ち

成功体験によって湧き出るこれらの気持ちは、社会に出て色々なことに挑戦するときにも役立ちます。

成功体験は、できれば人に話したときに「すごいね!」と言ってもらえるような、自慢できるものが良いです。

ゲームの大会で優勝したり、絵のコンクールで入賞!など分かりやすい実績はもちろん、それ以外でも「スケボーが上達した。」「ギターが弾ける」などでも充分。

もし子供が何か夢中になっていることがあれば、心から応援してあげましょう。

そして、子供の成功体験に繋がる機会がないか、子供が夢中になっているジャンルに関する情報にアンテナを張りましょう。

 

学校以外で友だち(居場所)を作る

学校以外に友だちがいることもまた、不登校を不幸にしないポイントです。

学校という場所が合わなくても他の場所で友だちができれば、そこが子供にとっての社会になり、様々なことが学べます。

また、自分には居場所があると感じられることで、精神安定剤にもなります。

もし可能であれば、各自治体にある不登校の子供が集まる支援室や、共通の趣味を持つ人が集まるコミュニティ、習い事の場など、学校以外の場所へ子供を連れだしましょう。

仮に夢中になれる趣味が見つからなくても、学校以外に人脈をつくることができるようになれば、それが仕事に繋がることだってあります。

学校以外に友だちを作れるチャンスがありそうなところには、積極的に出向いてみましょう。

 

とはいえ、学校に行けるのが一番良いのは大前提

ここまで、不登校でも大丈夫!ということを書いてきましたが、忘れてはならないのが「学校に行けるのが一番良い」ということです。

なぜなら、学校に通えたら、何も考えなくてもクラスメイトがいて様々な人間関係を経験できるし、何も考えなくても次々とやるべき課題を与えてもらえるからです。

「正しい不登校のやり方」は、すべて自分から行動していかなければなりません。

不登校も、決してラクな道のりではないのです。

それに、多くの子供たちは「学校に行っていない自分」に苦しみます。

自信を失って外に出るのが怖くなったり、他にも現実問題として進学や就職で苦労する可能性も高くなります。

 

その子にとって本当に不登校という選択がベストなのか?という目線も忘れないようにしましょう。

 

子供が低学年ごろまでに、私が母親として準備したいこと

この「学校は行かなくてもいい」を読んで、私が個人的に感じている「子供が小さいうちにしてあげたいこと」をまとめます。

子供が夢中になれることを一緒に探す

子供が小さいうちに、夢中になれること(趣味や習い事など)を見つけてあげたいと思っています。

それは、ただ単に親の言う通りに通っているだけの習い事ではなく「夢中になれること」というのが重要なポイント。

夢中になっていることで評価されたり、夢中になっていることを一緒に頑張れる仲間がいることで、自分には学校以外に居場所があると強く感じられるようになるはずです。

  • 学校の勉強についていけなくても、自分には別の特技があると思える
  • 学校の友達関係が上手くいかなくても、自分には別の居場所があると思える

このように学校以外で夢中になれることがあることで、ちょっとした壁が立ちはだかっても乗り越えていく精神力がつきます。

もし水泳を習わせてみて、本人が楽しそうでなければ辞めて絵画教室に乗り換えたっていいんです。

色々なことに挑戦して、本当に子供が夢中になれることを見つけてあげましょう。

 

母親が自宅にいられる環境づくり

子供が不登校になったら、日中も母親が自宅にいられるような環境をつくっておきたいです。

子供が昼間に何をしているか把握しやすいという理由だけでなく、家に母親がいることによって、子供が「学校に行きたくない」という意思表示をしやすくなるのではないかと思うからです。

それに母親である自分がいつでも自由に動けることで、色々なイベントに連れて行くなどのキッカケづくりや、不登校の子供が通う教室への送り迎えができるなどメリットも多いですよね。

そのために私自身が目指していることは、

  1. 身の丈に合った節約をして、子供が小学校にあがるまでにできるだけお金を貯めておく。
  2. 在宅で仕事できるように、自分で稼ぐ力をつける。

という2点です。

母親が自宅にいることで、子供が「学校に行かない=母親が家にいるから大丈夫」と、少しでも学校に行きたくない意思表示がしやすい環境になればいいなと思っています。

 

学歴がなくてもお金を稼ぐ方法を知っておく

子供が不登校になっても、「この子なら○○の仕事ができるな」と思えたら、母親としても気持ちに余裕ができて不登校が受け入れやすくなるはずです。

そのためにも、学歴に頼らず「自分で稼ぐ方法」が世の中にはたくさんあるってことを母親の立場でも知っておきたいです。

子供が不登校になった時、「この子なら、○○の特技を伸ばせば将来役に立つな」などの生き抜くための戦略を多数思いつくことができれば、そのうちのどれか一つは子供にハマるかもしれませんよね。

子供の不登校を前向きに捉えるため、そして、不登校を子供の将来につなげるためにも、自分で稼ぐ方法を色々知っている母親で居たいと考えています。

 

 

まとめ【母親として「学校は行かなくてもいい」という考え方を知っておこう】

いかがでしたか?

私は不登校にはなりませんでしたが、ちゃんと意思表示できる子供だったら「学校に行きたくない」と親に伝えて不登校を選択していたかもしれません。

つまり、不登校になるか?ならないか?というのは単なる結果論。

そこにこだわるよりも、もっと大事なのは「この子にとって、一番幸せになれる道はどこにあるか」を一緒に探してあげることなのかな、と思います。

だから私は、子供がもし学校がイヤで悩んでいるなら「学校へ行かなくてもいい」という選択肢もあるってことを伝えられる母親でいたい。

これは子供が生まれた時からなんとなく考えていたことだけど、この本に出会って確信に変わりました。

子供のより良い未来のために、視野の広い母親を目指したいですね。